ブログ

Blog

部下との信頼関係を築くためにできること

前回のブログでは上司(リーダー)として部下(スタッフ)から信頼されるために必要なことをお伝えしました。今回は、部下との信頼関係を築くために、上司(リーダー)ができることをお伝えします。

目次

部下との信頼関係を築くために上司として取り組むこと

自分の仕事が立て込んでいるので部下に仕事のサポートを依頼したけれど、「私も忙しいので無理です」とそっけなく言われたり、成長を願って少しハードルの高い仕事に取り組むように指示を出すと「それってパワハラじゃないですか?」と言われて何も言えなくなるというような経験はありませんか。
信頼関係を築くことができていれば、部下とこのようなやり取りをせずに済むと思いますが、皆さんも実感されているように、人と人との間に信頼関係を築くことは一朝一夕にはできません。
では、部下との信頼関係を築くために、上司としてどんなことに取り組んでいけば良いのでしょうか。
普段あなたは、上司として部下との信頼関係を築くためにどのようなことに取り組んでいるのでしょうか。
前回のブログで書かせていただいたように、「謙虚さ」「正直さ」「誠実さ」を感じてもらえるように常に振舞うことは大切です。
他にも部下との信頼関係を築いていくためにできることは何か。明日からすぐにでもできることは何か。
それは、部下とのコミュニケーションの量を増やすことではないでしょうか。

コミュニケーションの量を増やす

普段あなたは、部下とコミュニケーションをどのくらい交わしているでしょうか?
部下の手が空いたときに声をかけてみようと思って、いつの間にか時間が過ぎていることはありませんか。
仕事の指示、命令をするときや部下から仕事の内容を確認されるときはコミュニケーションを取っているけれど、それ以外は特に自分から話をしていないということはありませんか。
信頼関係を築くためには、お互いを知ることが大切です。そのためには、普段からコミュニケーションを交わす機会を持って、コミュニケーションの量を増やさなければお互いを知ることができません。
そのためにはどうすれば良いのでしょうか。

1.定期的にコミュニケーションを取る機会を持つ

1つ目は定期的にコミュニケーションを取る機会を持つことです。
私はコーチとして独立する前の職場で管理職をしていましたが、約2年半ほど月に1回30分ほど、スタッフ一人ひとりと話す時間を持ちました。
最初は仕事の進捗状況や仕事上の困りごとを把握するために、「私に月に1回30分ほど時間をください」とスタッフにお願いをする形で面談を始めました。
当初はスタッフから、「いつまで続けるんですか?」「特に話すことはないです」などと否定的な言葉も聞かれ、スタッフにとっては苦痛な時間となっていたかもしれません。しかしながら、回数を重ねていくにつれて、仕事の進捗状況や困りごとはもちろんですが、それだけではなく、スタッフの得意なことや他のスタッフの状況、プライベートのことなど、スタッフから話してくれるようになりました。
もっと早く始めればよかったと思いましたが、やめるまでの2年半の間、継続したことで、スタッフとの距離が縮まったと思います。
私のコーチングはクライアントとのセッションは基本的に月に2回実施しています。1年だと24回クライアントと対話をすることになります。当然、継続していけばいくほど、クライアントとの信頼関係を築くことができていると感じています。
忙しい中、仕事中に部下と定期的に時間を取って会話をすることは難しいことかもしれません。それでも、長い目で見たときに、この時間を取ることに大きな意味があると思います。

2.ちょっとした時間を活用する

2つ目はちょっとした時間を活用することです。ちょっとした時間の例としては、
・食事の時間
・休憩時間
・訪問に出かける前、後
・会議開始の前、後などです。
私の前の職場では部署のスタッフ全員がテーブルを囲んで昼食を取っていました。仕事のことが話題に上がることはもちろんありますが、大半はプライベートのことや最近の流行など他愛もない雑談でした。そのような雑談から各々のスタッフの好きなことや価値観などが垣間見えました。
他にも営業等で社外に訪問で出かけることが多い職場であれば、スタッフの訪問の予定を見て、出かける少し前にスタッフに「今日はどんなことをお客様に話す予定?」などと声をかけてみる。また、外出先から帰ってきたスタッフに「お客様との会話はどうだった?」と声をかけてみることで、スタッフは自分のことを気にかけてくれていると感じるのではないでしょうか。
他にも会議の前後にコミュニケーションを取ることもできます。予定時刻より少し早めに会場入りして、早めに来たスタッフに声をかけてみる。あるいは、会議終了後に気になるスタッフに声をかけて会話をするということもできます。

仕事が忙しく、部下と話す時間なんてとても取れないと思っている方もいると思いますが、信頼関係を築く第一歩として、まずは、部下と話す時間をつくってみてはいかがですか?

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ