自分はどう見えているのか

中学生と会話をする機会がありました。その中で、小学校のときの校長先生の話題になりました。

親の視点と子どもの視点は違うなあと思いながら、話を聴いていました。子どもが普段、どんなことを考えて先生のことを見ているのかを直接先生から子どもに聞いてもらったら、学校はより良くなるだろうと思いました。

先日のセミナーで受講者にアンケートを取ったのですが、”悪かったところ、改善して欲しいところ”という項目を入れました。正直に書いてくださった方が何人かいて、今後に生かせるとてもありがたい意見でした。自分の視点では見えていないことを相手から聞くことは勇気がいりますが、とても大切なことです。

福祉の現場では「相手の立場になって考える」ということを学びましたが、正直、”相手の思っていることは相手にしか分からない”と思っています。だから、コミュニケーションを重ねて相手の考えを聞く。リーダーの皆さん、「私がもっといいリーダーになるにはどうすればいいですか?」と部下に聞いてみませんか?