知らないことに気づく

今朝、息子が録画した番組を見ようとテレビをつけたときに、食中毒のニュースが流れていました。「”しょくちゅうどく”ってなに?」息子が聞いてきました。私は一瞬考えて答えるのをためらっていると、キッチンにいた妻が、息子に分かりやすく説明し始めました。

人から質問されると、普段、知っていると思っていることでも、「本当だったかな?」「これで合っているのかな?」と不安になることがあります。知っているつもりでも、本当は知らないのではないかと気づかされます。

知らないと気づくことができれば、調べよう、人に聞いてみよう、もう一度よく考えてみようという気持ちになります。

この文章を書きながら、経営について教わった講師の言葉を思い出しました。「専門職が専門用語を使って説明しているときは自分で分かっていない」…皆さん、いかがですか?