スタッフの満足が経営の満足につながる

福祉事業は離職率が高く、慢性的な人材不足が続いています。管理職自らが現場に入って実務をこなしながら、部下の育成、指導を行うプレイングマネジャーが少なくありません。そのため、部下に積極的に関わって、成長をサポートすることが日常的に難しい状況なのではないでしょうか?

このような状況の中でも、部下とのコミュニケーションの機会を増やし、一人ひとりの目標達成をサポートすることで、部下が成長を実感できるようになれば、一人ひとりの職務満足感は向上し、質の高いサービスを提供できるようになります。質の高いサービスを提供できるようになれば、結果として経営は安定し、さらにスタッフの職務満足感が向上するという好循環が生まれます。

職員定着率の向上

福祉事業は、売り上げに対する人件費の比率が高い産業で、多くの財源を人に投資しているにも関わらず、離職率は高い水準を推移しています。また、離職の理由で最も多いのは職場での人間関係となっています。

管理職がコーチングスキルを身につけることで、部下とのコミュニケーションが円滑になれば、抱えている悩みや現場での課題が早い段階で把握でき、人間関係が悪化する前に悩みの解消や課題の解決に手を差し伸べることができます。

コーチングが機能するようになれば、風通しの良い組織風土が醸成され、職員の定着率も上がっていくと思いませんか?


帰属意識・連帯感の向上

福祉職の特性として、「経営」という考えや数字を好まない傾向があります。そのため、組織の目標への理解や関心が薄く、それぞれの部門の目標も不明確であることが少なくありません。

コーチングは目標設定をすることから始めます。組織の目標が明確になり、自分自身の目標とリンクさせることができれば、”組織のために自分が何ができるか”といった自律性や”他のメンバーをどのようにサポートしていけばよいか”といった帰属意識や連帯感が生まれと思いませんか?


自己効力感を高める

福祉事業は他の事業と比べて、売り上げや業績の成果を数値で表すことが難しく、スタッフは成果が実感できる機会に乏しい環境で働いています。

コーチングは引き出すコミュニケーションです。コーチングによって部下が実現したいと思える目標を引き出し、部下が行動を起こすようにアプローチすることができれば、目標を達成する可能性は高まります。

部下が目標を達成することができれば、部下の自己効力感は高まり、部下はより高い目標に挑戦するようになります。同時に上司も部下の成長を一緒に喜べるようになり、上司の自己効力感も高まります

その結果、働きがいのある職場になり、組織全体の成長につながるようになると思いませんか?