中小企業は人材育成が経営に直結する

少子高齢化による労働人口が減少する中、余剰人員がいない中小企業は、せっかく確保した人材が辞めることになれば、会社にとって損害は計り知れません。

また、少人数の組織である中小企業は従業員一人ひとりの能力や行動が、競争力と業績に与える影響が大企業よりも大きいと言えます。

つまり、少数精鋭で経営している中小企業は人材育成が経営に直結します。

変化に対する適応力の向上

指示命令型の組織では、「Aという状況になったときにはBという対応をする」というように、社員は答えを共有します。コーチングが浸透した組織では、「Aという状況になったときには我々には何ができるだろうか?」というように、社員は問いを共有するようになります。

問いを共有するようになれば、社員は自分たちで考え、課題を解決する方法を発見したり、状況に応じた対応を見出すことができるようになり、変化に対する適応力が向上します。

変化に対する適応力が向上すれば、激動の今の時代を生き残る組織に成長させることができると思いませんか?


同業他社との差別化

コーチングは、その人の持っているアイデアや新たな視点を引き出し、創造性を広げます。

コーチングによって創造性あふれる組織になれば、他社にはマネできない、自社の売り物(武器)を創り出すことができます。

自社の売り物(武器)を創ることができれば、他社との差別化を図ることができ、競争のないところで顧客を獲得できるようになるのではないでしょうか?


機動力の向上

コーチングの最大の目的は相手が行動を起こすようになることです。

少人数の組織である中小企業は大企業と比べて、意思決定のスピードが早く、経営者の考え方が伝わりやすいという強みがあります。

コーチングを使ったアプローチをすることで、社員一人ひとりが自ら考えて行動を起こすようになれば、組織全体の機動力が向上します。

機動力が向上すれば、時代のニーズや顧客のニーズに、いち早く反応し対応することができるようになると思いませんか?