理念

コーチ・オンリーワン

働いている「」たちひとりの個性が尊重される職場づくりに貢献します

ミッション

コーチ・オンリーワン」を大切にし、

そのの可能性を引き出し“オンリーワン”の材を育てることができるリーダーの育成をサポートします

上野 和禎 (うえの かずよし)

1973年 山口県 生まれ

コーチ・オンリーワン代表

 

社会福祉法人に22年間勤務し、相談援助業務に携わる。

 

2001年(28歳のとき)にコーチングに初めて出会い、いつか本格的に学びたいという思いを抱く。

 

12年という歳月を経て、人材育成にコーチングを活かしたいという思いから、2013年からコーチ・エィのプログラムを受講し、本格的にコーチングを学び始める。

 

コーチングを実践していく中で、コーチングを活用した人材育成を行い、より多くの人の成長をサポートしたいという思いが強くなる。

 

コーチングで組織のリーダーの成長をサポートすることで、リーダーが元気になれば、一緒に働くスタッフも元気になり、働きがいのある・働きやすい職場づくりを実現できるのではないかという思いから、

2018年4月(44歳のとき)にプロコーチとして独立。

 

主に福祉施設・病院等対人援助業務に携わる組織を対象に、コーチングと研修を提供し、リーダーの目標達成と成長をサポートしている。

 

また、自分の対人援助職としての経験、社会福祉士としての経験を生かして、対人援助業務に携わる専門職を対象にコーチングを提供し、専門職としての成長をサポートしている。


保有資格

 

国際コーチング連盟(ICF)

プロフェッショナル認定コーチ

 

一般財団法人生涯学習開発財団

認定マスターコーチ 

 

認定社会福祉士

 

介護支援専門員 

強み

対人援助業務に携わってきたことで

  • クライアントの話を傾聴する
  • クライアントの思いに共感する
  • クライアントのことを理解する

技術を磨いてきたこと

好きな言葉

なりたかった自分になるのに

遅すぎるということはない

It is never too late to become

what you might have been.

(ジョージ・エリオット)