25日 4月 2019
2年後に資格試験を控えている学生に関わっています。5人全員が合格することを目標にしているのですが、この1年間は学習意欲を高めるアプローチが十分できなかったと反省していました。春休みを挟んで、その学生たちに久しぶりに出会ったところ、予想以上に学習意欲が高まっていたので驚きました。話によると、ある先生から今のままでは絶対に不合格と言われたことで危機感が強くなったということでした。 「今のまま(何もせずに)1年経ったらどうなっていると思いますか?」 クライアントとのセッションで問うことがあります。 行動することによるリスクよりも行動しないことによるリスクが大きいと判断したとき、人は行動を起こす。 この視点からのアプローチを学生にほとんどしていなかったことに気づきました。 改めて、この学生たちに最終ゴールにたどり着くまでの中間目標を立ててもらったのですが、アルバイトよりも学習時間を確保することを優先すると言っていました。皆さん、2年後この5人はどうなっていると思いますか?

21日 4月 2019
中学生と会話をする機会がありました。その中で、小学校のときの校長先生の話題になりました。 親の視点と子どもの視点は違うなあと思いながら、話を聴いていました。子どもが普段、どんなことを考えて先生のことを見ているのかを直接先生から子どもに聞いてもらったら、学校はより良くなるだろうと思いました。...

12日 4月 2019
私は電動の鉛筆削りで鉛筆を削ることが好きです。理由を聞かれてもよく分かりませんが、削る前、削っている間、削った後の心地よさがあります。 息子に次の日の準備のために鉛筆を削るように言っても、息子にとっては”しなければならない”ことなので、なかなか動きません。私にとっては”したい”ことなので、喜んで息子のために鉛筆を削ります。...

05日 4月 2019
桜満開のこの時期、新入社員に限らず、中堅、ベテランの人たちも新年度の目標を立てて、この1年間頑張ろうという気持ちになっておられるのではないかと思います。 この新年度の目標ですが、1年後の令和2年3月31日に達成できている人はどれだけいるのでしょうか?目標が絵に描いた餅になっている人はどれだけいるのでしょうか?...

28日 3月 2019
コーチングで大切なコミュニケーションとしてフィードバックがあります。目標に向けて、今、どんな状態にあるのかを相手に伝えたり、相手から伝えてもらうことです。...

21日 3月 2019
前の仕事をしていたときに、相手に変わって欲しいと思うことが何度かありました。皆さんは相手に変わって欲しいと思ったことはありませんか? コーチングを始めて学んだことの一つとして、相手に変わって欲しいと思ったときに、最初にやることは、”まずは自分が変わること”だということです。...

14日 3月 2019
先日、ネガティブな感情になることがあり、しばらく、この感情をかき消すことができませんでした。数日経って、クライアントとのコーチングセッションを立て続けに行った後、ふと、この負の感情が和らいでいることに気づきました。...

06日 3月 2019
相手の話を聴いているときに、知らず知らずのうちに「それは違うんじゃない?」「そうそうその通り!」といった感じで、善し悪しを判断していることはありませんか? どうして、善し悪しを判断するのでしょうか?おそらく、自分の価値観で話を聴いているからはないでしょうか? ”どうやって間違いに気づいてもらえばいいか”...

28日 2月 2019
今朝、息子が録画した番組を見ようとテレビをつけたときに、食中毒のニュースが流れていました。「”しょくちゅうどく”ってなに?」息子が聞いてきました。私は一瞬考えて答えるのをためらっていると、キッチンにいた妻が、息子に分かりやすく説明し始めました。...

22日 2月 2019
「なぜ、やらないの?」「なぜ、そんなことを言うの?」という、”Why”の質問をみなさんは普段どのくらい相手に対してしているでしょうか? この”Why”は、相手の言動を否定するメッセージであることが少なくありません。...

さらに表示する